腰椎椎間板ヘルニアの治療を行なう~ヘルヘルヘルニア解消法~

腰痛の原因となるものは

原因と症状

腰痛

ヘルニアは様々な部位でなりますが、最近は介護の仕事でなりがちな病気として腰椎椎間板ヘルニアがあげられます。重いものを持ったり、しゃがんだ姿勢をずっと続ける、前かがみをするなどといった行為を何年もの間行なうことで、腰椎にある椎間板が痛んでしまい、もともとある場所から飛び出してしまいます。その飛び出した先の神経にぶつかってしまい、神経の働きが失ってしまうというのが腰椎椎間板ヘルニアになる経緯とされています。神経に障害が出るので、神経障害のある痛みやしびれ、麻痺といった感覚異常、筋力低下が主な症状とされています。腰より下である足などによく症状が出て、症状も片側や両側など神経が圧迫されている場所によって変わってきます。

症状によっての処置の種類

症状は放置しておくと悪化してしまうので、一番良い治療の方法としては安静が良いとされています。それでも痛みが治まらない場合には薬で痛み止めを処方してもらったり、マッサージや電気治療といった形をとる場合もあり、痛みを抑える注射なども有効的な治療方法とされています。立つことができない、トイレに行く事もできないような重症な場合には手術をするという方法もあります。以前は腰椎椎間板ヘルニアは手術をしないと完治しない病気とされていましたが、最近では悪化させない生活方法や、無理のない日常の生活をしていく事で、自然治癒する場合も多く見られ、腰椎椎間板ヘルニアは、長い目でゆっくりと治療をしなくてはいけない病気とされています。

はみ出た軟骨による痛み

看護師

腰椎椎間板ヘルニアは、悪化すると治療には手術が必要になります。しかし軽度のうちは薬や牽引や温熱などによる治療で、軟骨を温存することができます。また、昨今ではレーザーで治療するクリニックも増えています。軟骨の変形を促すという方法なので、軟骨は温存されますし、入院日数も短めで、患者の負担が少ないのです。

詳細を確認する...

マッサージとデイサービス

病院

高齢化社会では、強い腰痛を予防することが求められるので、マッサージ治療が役立ちます。なかでも介護保険施設のデイサービスで、高齢者にマッサージ治療を行うことは、とても有意義です。したがって、今後はこうした形式のデイサービスが、より普及することが予想されます。

Read more...

予防に役立つ使い方と運動

女性

腰痛が発生する典型的なパターンが、中腰の姿勢です。そこで、膝関節と股関節を屈曲させると、腸腰筋の作用が軽減されて、腰への負担が減るのです。さらに体幹の屈曲と回旋運動を行うことで、腹筋群を強化すると、腰痛の予防に効果があります。

Read more...